ABOUT

団体ホームページはこちらへ。 http://www.ani-pro.org/index.htm 【一般社団法人アニプロのご紹介】 任意団体アニマルプロテクションは一般社団法人アニプロに名称を変更、法人化・組織強化して 2018 年 10 月より活動を開始。 アニマルプロテクションは神奈川県動物保護センターから傷病・老齢を含む 100 頭以上の犬猫を毎年引き出し、犬の殺処分ゼロ実現と、5年に及ぶゼロ継続を達成して来ました。 行政と連携協力し、自治体での犬猫の直接譲渡を実現させセンター収容数を減少させた件など、あらゆる課題に先進的かつ自由な活動姿勢で結果を出してきた原代表の実行力は、黒岩知事を筆頭に県職員からも高い評価を得ており、新センター立ち上げの委員にも任命されております。 【アニマルプロテクションの活動】 アニマルプロテクションでは、動物愛護センターに収容され、期限が来て処分となる犬の引き出しをし、保護期間中は医療にかけ人と暮らす上での最低限のトレーニングをしています。そして、新しい飼い主を探すという活動を主に行っております。 【譲渡にあたり…】 一頭でも多くの犬を救う為だからと誰にでも譲渡をしている訳ではなく、かといって条件のみでの譲渡も行っていません。 多様なライフスタイル家族構成に合った犬を紹介し、譲渡となっています。 保護犬たちはシェルターではなく一頭一頭一般家庭でケアをし募集中としています。 老犬や病気の犬でも救いたいので、保護から募集までケアの時間がかかりますが、必ずご縁となっています。 犬種のイメージだけで犬を選んでいる人が多い為、飼い主と飼い犬とのミスマッチングが発生し放棄となる現実を踏まえ、それについても希望者へ説明をし、一頭一頭納得されての譲渡としている為、譲渡まで時間がかかります。 希望者にはじっくり考えていただいた上での譲渡となっております。 【ご支援のお願い】 こちらのサイトからご購入いただいた売上が、皆さんからのご支援になります! アニプロには傷病や高齢の犬猫が多い為、医療ケアは欠かせません。 これまでもこれからも、アニプロは「すべての子に適切な医療を」をポリシーとし活動して参りますため医療費は多大な費用となっております。また施設の整備にもまだまだ費用がかかる状況にあります。 活動主旨にご理解のもと、一層のご支援を賜りたく、皆様からのあたたかい御寄付を謹んでお待ち致しております。